SEO

Google Search consoleの登録方法

こんにちは、SACHIです。

サーチコンソールにサイトを登録することで SEO対策を効率よくすることができます。

また、記事のインデックスの状況やペナルティを受けていないかの確認

などサイトの管理ができる便利なツールになっています。

要するにサイトの状況を知ることができるツールです。

記事がインデックスされていない場合、

URL検査を使って記事のインデックスを促すこともできます。

ぜひサーチコンソールは登録してくださいね。

Search Consoleの登録方法

まずはこちらからサーチコンソールの画面を開きます。

Google Search Console

Googleアカウントとパスワードを入れてログインしてください。

そうすると以下のような画面が開きます。

プロパティタイプを選択していきますが、【ドメイン】を選択し、

ドメインを入力していきます。

ドメインというのはあなたのブログのURLの

https://以降の部分のことをいいます。

私のブログの場合だと、「chestnut37.com」にあたるところです。

ドメインの入力が終わったら、「続行」をクリックします。

すると次はこの画面になるので、

2.の赤枠で囲んであるTXTレコードをコピーします。

TXTレコードをコピーしたら、この画面はそのまま残し、

レンタルサーバーの管理画面にログインしてください。

私はエックスサーバーを使用していますので、

エックスサーバーでの設定方法で説明していきます。

エックスサーバーにログインし、サーバーパネルを開きます。

サーバーパネルを開いたら、

「DNSレコード設定」をクリックしてください。

すると、ドメインを選択する画面に切り替わるので、

先程サーチコンソールで入力したドメインの「選択する」ボタンを

クリックしてください。

DNSレコード設定画面に移り「DNSレコード追加」をクリックすると、

以下の画面になります。

「種別」TXTにして、

「内容」には先程コピーしたTXTレコードを張り付け

入力が終わったら、「確認画面へ進む」をクリックします。

確認画面では、内容を再度確認し、「追加する」をクリックしてください。

「追加が完了しました」という画面が表示されたら、

もう一度サーチコンソールの画面に戻り、

右下の「確認」ボタンをクリックしてサーチコンソールの登録は完了になります。

もしかしたら、すぐに所有権が確認できず、

以下のような画面になるかもしれません。

「所有権が確認できませんでした」と表示され不安になるかもしれませんが、

この画面が出た場合、少し時間を置いてみてください。

しばらく時間を空けて、もう一度所有権を確認してみると

「所有権を自動確認しました」と出てきます。

これで、サーチコンソールの登録は完了になります。

今回は、プロパティタイプの選択で「ドメイン」を選択して、

サーチコンソールの登録する方法を説明しましたが、

「URLプレフィックス」を選択してもブログを運営する上で特に問題はありません。

少し設定方法や機能が異なるのですが、簡単に説明すると

「ドメイン」を選択した場合

「wwwがある・ない」や「http://〜」と「https://〜」

ひとまとめに管理できる

「URLプレフィックス」を選択した場合

「wwwがある・ない」や「http://〜」と「https://〜」

別々に管理される

ということになります。

サーチコンソールに登録してこれから1番多く使用することになる

インデックスの機能「URL検査」の使い方については以下にまとめています。

新サーチコンソール(URL検査)を使って記事をインデックスさせる方法